桃の花針灸院

~兵庫県西宮・芦屋・夙川、不妊鍼灸、レーザー(スーパーライザー)併用鍼灸治療~


2019年2月6日 ストローク(脳梗塞)の旅

201901ミデル君と今年は元日から5日フィリピン、冨田江里子さんの貧民のための無料助産院&クリニックで医療ボランティアでした。

 

目的はバイク事故による頸髄損傷で四肢麻痺のミデル君18歳です。前回の訪問で足の動きが出てきて、感覚領域も広がったので再訪、ついでにクリニックです。(写真はミデル君と同行の柔道整復師さん。)

 

その前に冨田さんの大家さんの義母が11月に脳梗塞で左半身麻痺というので神経狙って鍼刺激。「マサキ?」というのは「痛い?」という単語。「マサキ?」と言いながら無感の腕・腰・足に響かせます。

3日間連続治療で上腕は45度ほど挙上できるように、手は軽く握れるように、膝は曲げられるように、足は抱き抱えて貰えれば一歩出せるように、仰臥位から自分で側臥位になれるようになりました。鍼って効くのねえ・・・

その後、ミデル君やら麻痺患者さんばっかり続き、神経刺激祭りでした。

 

今回は鍼の可能性をとってもよく感じた旅でした。

詳しくはこちらにも。

フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより。

https://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko/38069993.html

 

 

 

Posted in フィリピン・バルナバクリニック, 針灸治療


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です