桃の花針灸院

~兵庫県西宮・芦屋・夙川、不妊鍼灸、レーザー(スーパーライザー)併用鍼灸治療~


6月2日 妊婦さんの坐骨神経痛

おはようございます。桃2015060110190000の花針灸院の駒井知佳子です。

 

昨日は9ヶ月の妊婦さんが坐骨神経痛でいらっしゃいました。

お腹が大きいので当院にあるうつぶせまくらでもつらいですし、坐骨神経痛では横向きで寝て頂くので「抱きまくら」を作りました。

薄い毛布をくるくる巻いて、さらに大判タオルを巻いてできあがり♪

お洗濯はタオルだけでOK。らくちんです。

 

坐骨神経痛の妊婦さんは二人目。

赤ちゃんが大きくなるにつれて骨盤が広がり、それを支える筋肉が緊張して神経を圧迫するようです。

 

生まれるまでのしんぼうとはいえ、歩くがつらいと散歩もしにくい。それでは骨盤内血流が落ちますから赤ちゃんに酸素と栄養を送りにくくなります。

つらいですね。

 

妊婦さんの坐骨神経痛、お二方とも1回目の治療で改善するがすぐ再発、また来て頂くと今度は違う場所が痛い、という症状。

元々坐骨神経痛をお持ちの方は骨盤を微妙なバランスで支えているのかもしれません。

 

今回の方は痛みを取り、さらに骨盤ベルトに加えてもう1本ひもで支えることでラクチン♪になって頂きました。

当院、「トコちゃんベルト」も扱っております。アドバイザーの認定もあります。

利益はフィリピンの貧民のための助産院に寄付させて頂いております。

 

 

Posted in こどもたちの未来に, 安産道場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です